国際的な英語能力番付

この地図・インタラクティブグラフで、世界中の英語能力レブルの違いが示されている。サイトの全体的な評価によれば、

「アジアの場合、英語能力が大変高いマレーシアから大変低いベトナムやインドネシアまで様々な結果が見られた。経済的に豊かなアジアの国の場合、就学率が高い事実と民間の語学コースに資金をかけられるという理由から、英語能力は必然的に高くなる」、と。

http://www.efjapan.co.jp/epi/ef-epi-ranking/

それはともかくとして、日本の方は未だに最低に近いんだけど。さらに詳しい情報はこちら:

http://www.efjapan.co.jp/epi/country-profiles/japan/

ホームページはこちら

http://www.efjapan.co.jp/

アジアのホームページはなんか変だけど...そこで出てくる写真があまりにもガイジンっぽい(金髪、青眼、白人)、というか。。。まあ、簡単に言えば、そういうイメージはある成功の理想に基づいているではないか、と僕は思っている。つまり、ある社会階層の成功の象徴だといえるかもしれない。

中国のはこちら:http://liuxue.ef.com.cn/

日本のはこちら:http://www.efjapan.co.jp/

なぜホームでフランス語の「Bonjour」も出てくるか分からない。オーストラリアと韓国のほうではブラジル語の「Hola」も出てくる。

オーストラリア:http://www.ef-australia.com.au/

韓国:http://www.ef.co.kr/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中