崑峯寺への散歩: 写真日記

スライドショーには JavaScript が必要です。

小さな旅へ

出かけるとすぐ近くで、登米市の(東日本大震災の被災地以外の)惨状を目にした。故郷の倒産した農業だ。

オーストラリアに帰国してから人々によく言われるのは、「どうでしたか、登米市は?地震こわくなかった?」

実を言えば、私が住んでいたところが受けた被害は経済のグローバル化と長引く不況の影響か、それとも震災のせいか、私にはわからない。

この写真を見ると、あるサイトに載っているポストのタイトルを思い出す。

「戦争中のよう、頑張れとは言うが東北農業はもうだめだと人々は内心思っている」、と。

そこのすぐ近くの丘から見たら、こんな感じ:

崑峯寺の見える農道から、川に沿ってだんだん山を登って行った。

小さなお寺があるところに着くまで。

山を登っていくと、だれかが川のそばに私のほうへ、荷物を積んだ袋を両手に下げて、少し先で歩いていた。向こうから小学生が目に入る。彼の袋の中には、泳いでいる魚の姿がある。私とすれ違ったときに

「こんにちは!」

という元気な声が、道の石ころの上を響き渡って行った。

その声を聞くとどうしようもなく嬉しくなる。なぜだか、それはわたしを呼んでいるように聞こえるんだ。

小学生の相づちに

「こんにちは!」

私は笑い返した。

「奥州涌谷」へ

涌谷町には、奥州三観音の一つ崑峯寺がある。不動尊から少し登っていくと、そのお寺に着く。

白山社

秋の山唄:宮城県民謡

この唄は新民謡で昭和初期の、後藤桃水という方の作とされている。

ハァー 奥州涌谷の箆岳(ののだけ)様はヨー
山子(やまご)繁盛の ハァー守り神ヨー

ハァー 気になる気になる お山の狐
これほど待つのに なぜコンと鳴く

山に木の数 野に萱の数
黄金たんぽぽ はぜの数

木樵山家の 小屋には住めど
まさか木の実は 食べやせぬ

おれと行かねか あの山越えて
縄と鎌持って 木を伐りに

声がよく似た 来るはずないが
わしの心が 迷うたか

よくも似た声 あなたの声は
小杉林の 蝉の声

※はせ=刈り取った稲を掛け乾燥させる施設

この歌を聴くと、歌手の気持ちがこもっていて、「奥州涌谷」への感情を感じるね。

箆岳様とは箆岳山頂(標高226m)にある箆岳神社を唄っている。また、観音堂があり、それは坂上田村麻呂の建立と言われ、山の守り神として知られている。山頂からは南南東20kmには石巻湾を望む事も出来る。「なぜコン」は狐の鳴き声と「何故来ないの」を掛けている。

また、涌谷町のサイトによると、

「この唄は元々、当地方の山林原野で農作業をしながら唄われていたもの。 人々は「秋の山唄」を唄うことにより、箟岳山の山の神に五穀豊穣を祈りました。 これが民謡作詞家の故後藤桃水先生により編曲され、「秋の山唄」として全国の多くの人に愛され、今も唄い継がれています。」

http://www.town.wakuya.miyagi.jp/contents/3kanko/akiyama/akiyama_yurai.htm

以下はお寺の鬼さんです(崑峯寺の仁王さん)。あるブログには、だれかがこう書いています:「なんか東北人ぽい顔してますよねぇ」、と。

皆さんどう思いますか?

「無岳山正福寺」・「無夷山崑峯寺」のすぐ前に立っている「俳句ポスト」という郵便箱があります:

アパートに帰る途中で、このような風景があった:

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中