さようなら、石原さん、あるいは「日本人が弱くなったのは脳幹が弱くなったからだ。」

http://sankei.jp.msn.comでは石原慎太郎氏についてこう書かれています。

「歯にきぬ着せぬ物言いが特徴だった石原慎太郎氏。その発言は支持を集める一方、物議を醸すことも少なくなかった。「東京から日本を変える」と訴えてきた通り、内容は都政の枠を超え国政や外交にも及んだ。」

このポストにはほとんどすべての内容がhttp://matome.naver.jpから取りました。

ということで、歯にきぬ着せぬ石原の語録を見てみましょう。

女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です(出典ウィキペディア) (「男は80、90歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を生む能力はない。そんな人間が、きんさん・ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害」とも発言。
裁判沙汰にもなりましたが、最高裁で石原側の勝訴が確定。)

子供だけじゃなくて、テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている。出典ヤフーニュース (都青少年健全育成条例改正案の成立を求める要望書をPTAが東京都に提出した際の発言。
この発言を受けてツイッター上で多くのネットユーザーが反発!)

西洋人の柔道ってのは、けだもののけんかみたい。出典石原都知事「西洋人の柔道はけだもののけんか」:社会:スポーツ報知 (2012年8月4日、東京都庁で行われた記者会見での柔道の苦戦についてのことでの回答での一言。いくら個人の感想だと言ったとしても、オリンピックはスポーツを通して各国の交流を深めるイベントである。それを侮辱しているとしか思えない。 都知事という立場であるのに影響力を考えない彼らしいと言えばそれまでだが、ふざけるのも体外にしてほしいものである。)

日本は核を持たなきゃだめですよ。持たない限り一人前には絶対扱われない。世界の国際政治を見てご覧なさい。…………日本が生きていく道は軍事政権をつくること。そうでなければ、日本はどこかの属国になる。徴兵制もやったら良い。出典ANNニュース (2011年6月20日、憲政記念館で行われた国民新党・亀井静香代表主催「日本をどうする!」セミナーでの一言。これは、麻雀の役=核 ととらえているのである。くしくも、この時福島第一原発は終息していない。ただ、この方は忘れているようである。麻雀には「平和(ピンフ)」という役があることを。)

(姜尚中・東大教授について)怪しげな外国人が出てきてね。生意気だ、あいつは (日本オリンピック委員会(JOC)の選定委員会にて、福岡の応援演説をした姜尚中・東大教授について発言。)

日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う 出典時事通信、日本経済新聞ほか (2011年、甚大な大津波被害が多数発生した東北地方太平洋沖地震の発生から3日後に行われた、首都圏連合に関する記者会見において。)

これはね、やっぱりね、世界一の大国の大統領に黒人がなったんでね、アフリカなんぞの黒人国家というのが、親近感を持ってね、そういう票が雪崩をうって動いたりすると、ちょっと厄介ですな (バラク・オバマ氏が米大統領選挙で勝利した際の発言。)出典石原慎太郎の言動録

震度6の地震がきた。ああいう田舎ならいいんです (2007年3月の能登半島地震について発言)

文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものはババァ (松井孝典東京大学名誉教授の話を引用した発言。
一部の女性活動家が提訴した。)

不法入国した多くの“三国人”、外国人が凶悪な犯罪を繰り返しており、大きな災害が起きた時には騒擾(そうじょう)すら想定される (「三国人」は連合国軍占領下の日本において朝鮮・台湾の人を指した言葉。一般的には差別用語として使用するケースが多い。)

これを書いたのはIQが低い人たちでしょう. 1977年、熊本に水俣病視察に訪れた際に、患者らが手渡した抗議文についての発言。(1977年、熊本に水俣病視察に訪れた際に、患者らが手渡した抗議文についての発言。)

日本人が弱くなったのは脳幹が弱くなったからだ。これは医学的にも証明されている (産経新聞のコラムや自らのサイト上で掲載された発言。

※日本人の脳幹が弱くなったという医学的な証明がされた事実はありません。)

出典ウィキペディア

下記は自分で選んだこの「問題発信集」に関するコメントです。

n0wさん:

首都の知事がこんなクズだぜぇ、日本今駄目になっていくのも当然だろう。

山下その者さん:

常に高慢な、、、なぜなのか、このような人物が未だに好かれることは、、、理解しがたい。

xppyzrさん:

内向きで卑屈な日本人を打破してる 唯一の政治家だと思う。このぐらい言えないと外交交渉なんて無理 昔の政治家が立派だったのは言うべき事は言ってたから石原都知事はそれを言動でも行動でも示してくれてる 柔な人に政治家なんて無理ネイバーって韓国ひいきしなくちゃいけない雰囲気が気持ち悪い。

tomotobatiさん:

この石原知事は社会的地位の低い人が理解できないと思う・・・東京の知事をやる前に一度大都市圏ではないどこか、田舎か下級層などのいる県知事でもやって立場や価値観を理解してそれから東京都の知事をしたほうが、今よりもっといい知事になったと思う

jistalkさん:

凄いね、この人、、、何様? バンバン差別用語言いまくっちゃって、アメリカだったらみんなが黙ってないよ、即辞任だね。
お前が天罰くらえつーの!

りゅう3さん:

こんな事言って今までよく無事でいられたなぁ・・・信じられん 南無阿弥陀仏・・

gogo51さん:

災害にあった方々に手向ける言葉が「天罰」、
女性老人に手向ける言葉が「悪しき有害」、
同性愛者に手向ける言葉が「足りない人」、
能登半島地震に手向ける言葉が「田舎なら良い」
この人の目線はどこにあるのでしょうか。
このような人格の人でいいんですか。東京都知事。

makeveさん:

学生さんとかは知らないかも知れないが、こいつ「弟の七光り」なのよ。弟いなかったらとっくに蹴飛ばされてる。「石原?ああ、あのイカレたジジイか」ってね。なにせ前頭葉が退化してるらしいから。今度の都知事選は絶対落としてくれよ。東京のみんな。by山形

水道水の放射能は天罰さん:

石原も問題あるけど、石原に投票した東京都民の方が問題じゃね?つか、都民はこんな人間がトップで恥ずかしくないのかね?wwwww

betrayal0610さん:

なんでこいつがいまだに知事続けてられるのかが理解に苦しむ 核を持てばいいっていうコメント、核持ったら今度は撃とうとか言いそうだしな・・・・過去に1回核が落ちれくれればいい的な発言をしてるわけだし、それに徴兵制もやったらいいとか、戦争する気満々ですね こういう発言が他の国を挑発してることに気づいてほしいな・・・・本当に戦争が起きたらどう責任とってくれるんでしょう

AAAAAAAAAAさん:

この記事のうp主は反日在日です。みんな朝鮮が嫌がってるぞwww石原さんを応援しよう!

zsphereさん:

国を愛して国民を愛さず

巣鴨にて、あるいはお正月前の東京への旅

巣鴨へ

江戸橋前の広場に踏み入り、冷ややかに交差しているヘッドライトの線を塗って横切った。

巣鴨駅の向こうに立っている江戸橋で

いったい何で僕はここにいるのか?

作夜、いつも東京で泊まる「ハウス池袋」というホテルに行ったら、「三日まで開いていません。申し訳ございません」ということで、別のところに泊まることになった。

泊まった部屋の下にホストがこのところで毎晩テレビを見た。グラスのドアーでこの地図が貼ってあった。

実は、そういう丁寧な言い方で断らたら当然なことだけれども、台湾人だから、ただ「三日まで開いていない」と。

ほとんどのハウス池袋で泊まる方々は台湾や香港から来る。僕はニ〇〇七年からいつもそこに泊まった。毎朝、眼が覚めると、日本語ではなく、中国語の甲高い音が耳に入る。

受付の女に

「開いていないんですが、もしよければ、巣鴨の方のルームが開いていれば…」

と言われた。

ホストのお隣さんの庭

このように、赤の他人の台湾の方と泊まることになった。

山手線が走っているところの隣でしばらく歩くと、次の角で広い並木通りに辿り着いた。その道は、今まで歩いてきた道よりたくさんのスナックとバーが並んでいた、水商売と普通の企業の鏡のように。長い横断歩道には出歩いている人はいなかった。

部屋から見える小路に立っている守衛の猫さん

向う側に建っているアパート団地の灯りは消えていた。幾たびか闇のどこからともなく、「好了、好了」という、半ば問いかけめいた声が耳に入った。朝と違って、自転車の通る気配もなく、静まりかえった並木通りの上に巣鴨に寝ている人々を吸い込むほどの漆黒の空が広がっていた。

市場の狭い小路を歩いていると、かならず付きまとってくる猫たちから「ニャーン」と呼びかける。

僕に付きまとってくる猫たちの一匹

僕にいつも付きまとってくる猫たちの一匹

朝は道端の猫たちの視線を浴びながら、冬の日差しを受けてきらきら光っている近所の中に浮島の砦のように浮び上がる赤煉瓦のアパートに向った。

私は向う側に渡り、アパートの脇にまっすぐ連なる一列の木と山手線の輪郭の間に入った。

アパートの脇にまっすぐ連なる一列の木

街灯から次第に遠ざかって、裸の大枝がもつれあう陰の中に姿を消した。

スライドショーには JavaScript が必要です。

巣鴨から、お正月のパーテイへ

巣鴨駅に着いたとき、パン屋さんも新幹線切符売り場の窓口もしまっていて、東京の中心への改札が一つだけあいていた。構内を通り抜けて、山手線の列車に乗り込んだ瞬間、私は大きくため息をついた。

三日前、堀江健太郎さんからのお正月パーテイの御誘いを受けた。新宿で中央総武線に乗り換え、平井駅へ向かった。

都会の秘密を、駅から駅へと伝えていた。「スナック」と「デニーズ」、「パチンコ」と「医院」、それぞれ適切な色を持って、かわるがわる映ってくる都会の夢と病の文字。僕はそんな風景を眺めるたびに、標識をほとんど読めない旅人という気がする。いたるところでネオンの仮名と漢字が静かにうごめいている。家とビルの輪郭は霞む。

アパートへの小路

部屋の中国風の絵

堀江健太郎さんは?

カウチサーファです。

リンクはこちら:

http://www.facebook.com/couchsurfing.jp

カウチサーファの生活:宮城に戻る前のスーツケース

日本ではカウチサーフィンがまだ盛んでなく、知らない人もたくさんいると思うので、日本にカウチサーフィンを広めるためにもこの投稿でカウチサーフィンのリンクを載せようと思った。まだ始めたばかりが、反響が良かった。

カウチサーフィンに登録したは良いけどなにからすれば良いか分からないって方たくさんいると思うのでちょっとでも参考になれば良いなと思っている。

カウチサーフィンの使い方が分からない人は是非読んでみてください。

第1回カウチサーフィン講座:

http://ameblo.jp/hand-hand-hand-hand-hand/entry-11099485549.html

第2回カウチサーフィン講座:

http://ameblo.jp/hand-hand-hand-hand-hand/entry-11078972361.html

自分はカウチサーフィンをしながら世界一周していた。旅が終わったら、お世話になっている家で20軒目だった。

ホストの玄関から

玄関を見下ろしている仏陀

そして、お正月のパーテイはどうでしたか?

楽しかったです。

路上でのんびりするニャ~

市ヶ谷にて

はすだ昌志

ある晴れた日、鳥が消えた空の下で、正月休みのちょっと前のこと。僕は昼ごはんを食べようと思っていて、静かなところを探しようとした。並木の枯れた大枝の下をくぐって、法政大学の隣に走っているJR中央線の軌道は目がくらむほど明るく光っている方向へ歩みだした。

突然、ばらばら散らばっていた色あせた冬の落葉が覆った小さなテーブルを見かけた。僕が来た前に同じところで座っていた見知らぬ「誰か」の飲んでいたお茶のペットボトルがテーブルの上に弱々しく光っていた。その「誰か」がちょっと前に聞いていた音楽が、香水のやや苦い香りがほのかに空気に残っているように、漂っている。僕は振り返ると、隣のテーブルで、ギターを弾いている男が座っていた。彼はうねうねと横たわっている川の方に僕は見えない何かが見っているようだった。ギターで弾いた音には、なんともいえぬ美しさが聞こえてきた。

あの日に僕が聞いた「美しさ」はどういうものでしょうか。結局、あの日に聞いた音楽の中で充実して生きているはすださんのスタイルが、音楽の音としてしか伝わってこない美しさなのである。聞いていると、僕は川のほとりを走ってその流れる水を空しく追いかけている気がした。僕は音楽と言う水を汲めない聾唖だった。僕は長い間音楽家になりたいという夢を抱いたが、結局のところはすださんの世界と自分との隔たりを感じては仕方がない。

そう思っていると、何か楽器を弾こうと思ったこともない「誰か」と全く同じような気もした。はすださんが弾いていた音楽はどういうものでしょうかと言う質問に対して、結局のところ僕には答えが出せないと思う。しかし、はるか遠い記憶のように、その音の中には、聞き覚えのあるメロデイが聞き分けられた。

はすださんとすこし話し合ってよかった。子供のころから、はすださんはビートルズが好きで、最近、二〇〇八年に入ってからこの三年間、クラシカルギターを弾いている。

はすだ昌志

はすださん、あの日に美しく弾いたクラシカルギターの音楽を聞いて頂いてありがとうございました。