GO!GO!7188の解散について

このあいだ、9年生に「GO!GO!7188が解散されたんだって」と言われた。

信じられなかった。私が本当に好きなバンドが……。

GO!GO!7188とは、私が初めて聞いたJ-ロックだった。あの時からずっと夢中になっている。

バンドのサウンドは、なんとかオーストラリアの最近流行っているバンドのサウンドに似ている。それはアメリカで生まれた「サッフ・サウンド」といえるかもしれない。このサウンドの影響で、二つの異文化で、同じようなスタイルが生じることになったなんて、自分にはほんとうに不思議なこと。

このような感じ:

GO!GO!7188が解散されたというニュースを聞いた時に、一番気になったのは、「ライブ行かなかったの心から後悔…」のようなことかな。

以下のビデオがめちゃかっこいい:

人気バンドながら昨年は目立った活動が無かったため、最近はあまり聴いていなかったがとても好きな曲がたくさんあるという人が非常に多く見受けられた。

『源氏物語』に登場する浮船という女性に基づいて書かれた演歌っぽい曲だ。GO!GO!の歌で一番人気なのかな、これは:

あるニュースサイトによると、

「ロックバンド「GO!GO!7188」がギターボーカルの中島優美脱退にともない、解散することになった。2月10日(2012年)に公式サイトで発表した。

中島は脱退について「私はこのバンドにおける自分の役割に限界を感じ、日に日にその思いが強まって、これ以上GO!GO!としてステージに立ってはいけない、と感じたことが今回の決断の理由です」 とコメント。

以下のビデオのコスチュームがかっこいい:

ベースボーカルの野間亜紀子は「バラバラな3人がひとつの場所に向かって走ってゆく、それがGO!GO!7188でした。でももうそれができ なくなってしまいました。久しぶりに3人で集まって話しをして、その事を確信したので解散を決めました。

(中略)12年間ほんとにありがとう!!ブサイク は永遠に不滅です!」、ドラムボーカルのターキーは「GO!GO!7188と言うバンドは、最高にイカした3ピースバンドだったと確信しています。

気持ちが落ち着く曲:

またどこかで、雄叫びを上げながらドラムをぶっ叩くぜ!!」とバンドへの思いを語った。」

バンドの解散についてもっと知りたい方はこちらへ:

http://www.barks.jp/news/?id=1000076968

GO!GO!7188の皆さん、おつかれさま。今も大好きだ。

広告